土地の値引き交渉で200万浮かせた4つのポイントを公開

 

ティラノ
いい土地が見つかったけど、予算が厳しいにゃ〜・・・

 

スーパーも病院も小学校も徒歩圏内、閑静な住宅街なのに駅も近くて、土地の形も真四角だ。

 

こんな土地が見つかれば、速攻申し込みしたいところですが、そういう土地に限って予算オーバーなんですよね。

 

しかし、ここで諦めるのはもったいないです!

 

実は、交渉のポイントを抑えれば、誰でも土地の値引きは可能。

というか、値引き交渉はどんな時も必須です。

 

値引き交渉が苦手な人も、簡単にできる他力本願スタイルなので、ぜひ、参考にしてみてください。

 

今回は、我が家が体験した、土地の値引き交渉で150万浮かせた方法をお伝えします。

 

土地の値引きで200万浮かせた4つのポイント

私たちが土地探しをしているときに200万円ほど値引きできたのは、以下の4つのポイントを抑えていたからだと、個人的に考察しております。

  1. 土地より先にハウスメーカーを決める
  2. ハウスメーカーの営業さんに値引き交渉を任せる
  3. 現在価格の10%を目安に値引き交渉する
  4. 住宅ローンの事前審査を済ませておく

 

以下、詳しく説明します。

 

土地より先にハウスメーカーを決める

我が家は、土地探しとハウスメーカー探しを同時に行なっていました。

 

そして、土地よりも先に、お気に入りのハウスメーカーがみつかったので、そこの営業さんと仲良くなりました。

 

これは、結果論ですが、ハウスメーカーさんが先に決まったことにより、土地の値引き交渉がうまくいったと解釈してます。

 

というのも、ハウスメーカーさんは、自分のところで家を建てて欲しいので、土地探しにも非常に協力的です。

 

地元不動産にも当たってくれたりして、土地情報を積極的に教えてくれます。

 

当初自分たちだけで頑張っていましたが、自分たちだけでは限界がありますので、ハウスメーカーを先に決めることを本当にオススメします。

 

そして、良い土地が見つかったら、工務店の営業さんに連絡をとり、予算が厳しいのでということを伝えると、値引き交渉に動いてくれます。

ハウスメーカーの営業さんに値引き交渉を任せる

自分たちで値引き交渉するのではなく、ハウスメーカーの営業さんに任せましょう。

これが、他力本願スタイルの真髄です。

 

自分でやるより成功率はグッと上がります。

 

実は私は理系ということもあり、調査したり検索したりするのが好きで、なんでも自分で!というスタンスなのですが、こういう交渉ごとは苦手でした。

 

それに比べ、やっぱり営業マンはトーク力も素晴らしいですし、土地を扱う不動産とも日頃からコミュニケーションをとっているので、仲が良いことが多く、話がスムーズに進みます。

 

ハウスメーカーさんに、いい土地が出ていたのですが、予算がちょっと・・・という話をすれば、以下のような流れで値引き交渉が行われます。

 

HM営業さん
いつもお世話になります。実は、うちのお客様が、御社が扱う土地に非常に興味をもたれています。引き渡しも最速希望です。しかし、現在価格だとどうしても予算があわず・・・なんとかならないでしょうか?HM:ハウスメーカー。
不動産屋
あ、お世話様です。そうなんですね。ちょうど、こちらの土地は売主さんもなるべく早く売却したいということなので、値引き交渉は可能だと思います!早速、売主さんに掛け合ってみますね!

 

ハウスメーカーさんと不動産屋さんは仕事を一緒にしていることも多いので、こんな感じでスムーズに進みます。

 

私たちが直接不動産屋さんにお願いするより、普段一緒に仕事しているハウスメーカーからの依頼の方が何かとスムーズに進むのだと思います。

 

現在価格の5〜10%を目安に値引き交渉する

そして、値引きの金額ですが、べらぼうに低い金額を提示するのはよくないです。

 

売主さんもある程度、相場を理解した上でその値段をつけているので、双方が納得できるところを落とし所にしないとダメです。

 

そして、その金額の目安は、現在価格の5〜10%OFFくらい。

 

これは統計があるわけではなく申し訳ないですが、私の体感的なものです。

 

何か物を売るときって、10%くらい高く値段をつけて、買い手がつかなければ、ちょっと値引きするということをしませんか?

 

土地も最初は少し高くしており、5〜10%くらいは普通に値引き可能だと思います。

 

私たちの場合は、いいなと思った土地が、2900万円→2700万円くらいにまで下がりました。

 

結局、この土地よりも条件がいいところが見つかったので、この土地は購入しませんでしたが。

 

住宅ローンの事前審査を済ませておく

もう1つ重要なのが、住宅ローンの事前審査を済ませておくことですね。

 

これは超重要で、絶対やっておくことをオススメします。

 

住宅ローンの事前審査が終わっていると、すぐ買えますというアピール材料になり、値引き交渉にも真剣に対応してくれるのです。

 

実体験ですが、事前審査が終わってないと、値引きの土俵にも上がれないな〜という感じです。

 

あと、もう1つ、事前審査のメリットがあります。

それは売主さんが、自主的に価格を下げた時。

 

このときは、価格が公表されているので、当然他のライバルも狙ってきます。

すると、交渉合戦になりますが、このとき住宅ローンの事前審査が終わっていると、支払い能力があるということで、こちらと契約してくれる可能性が上がります。

 

実際、私が最終的に決めた土地は、売主さんが自主的に値下げした土地で、ライバルと争ったのですが、なんとか勝つことができ、購入することができたのです。

 

土地の値引きのコツまとめ

土地の値引きが成功するポイントをまとめますと、以下になります。

  1. 土地より先にハウスメーカーを決める
  2. ハウスメーカーの営業さんに値引き交渉を任せる
  3. 現在価格の10%を目安に値引き交渉する
  4. 住宅ローンの事前審査を済ませておく

 

ぜひ、土地の値引き交渉はやってください。

 

交渉が苦手な方も、ハウスメーカーにお願いすればできるので絶対やっておきましょう。

 

値引き交渉を成功させるためには、ハウスメーカーを先に決めること、住宅ローンの事前審査をしておきましょう。

あわせて読みたい

アロ マイホーム建てたいけど、なるべく安くしたい。必要なところにお金をかけるのはいいけど、無駄なお金は払いたくない・・・。 理系旦那のすみです。   マイホームを建てる時に一番気になるのが、「なるべ[…]